読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想像すらも越えた世界

星の数だけ愛の言葉囁いて、アイラブユー

ジャニヲタ、25歳になる

今日で25歳になった。
24歳はどんな一年だったろうか。

f:id:ba7princess:20160531221826j:image

超楽しかった。(通常営業)

夢だった少年たちを見ることができ、日生ではいつか見てみたいと思っていた、Snow Manのパフォーマンスも拝見できた。

8月はジャニーズJr.と熱い夏を過ごし、げんきちゃん率いるチーム武が優勝した。
東西ジャニーズJr.のガムシャラに感動した、24歳の夏。

V6の20周年をお祝いした。
私的初めてのV6のコンサートは10周年のアニバコンだったので、それから丸10年経った。
10年前はV6が活動する姿が想像できず、もし活動していたとしても私はもうヲタクではないと思っていた。
なぜなら14歳の私が想像した24歳の私は、結婚はしていないかもしれないが、きっと結婚を前提にした彼氏がいて、ヲタクどころではないと思っていたから。
ていうか、24歳はいい大人だから、ヲタクなんかやってるわけないと思っていたから。




でも現実は違った。

 





24歳の私は、ヲタクだった。※それもかなりのDD

でも後悔はしていない。
V6のお祝いをして、一緒に生きてきたこの時間こそが宝物で、幸せそのものだと感じたから。
私はずっとヲタクだと感じた、24歳の秋。


ジャニーズwestのラキセ@横アリは、有給を駆使して入った。
社会人ジャニヲタになったと感じた、24歳の冬。
※この時期はSMAPのことがあったから、何も思い出したくない。


そして、24歳の春。
大事件が起こる。
滝沢歌舞伎にけんくんが出演した。
Snow Manに興味を持っていた私は元々入るつもりであったが、けんくんも出るということで本気を出した。
その結果、2回入ることができた。
けんくんとSnow Man(主にさっくん)の絡みがヤバイ。好き。   ※わざわざ大文字にすることではない。
春の踊りはよーいやさーを感じた(?)、24歳の春。



そして最初に戻るが、25歳になった。
25歳の私も絶対にヲタクだ。
それもSnow Manに片足を突っ込んだ厄介なヲタクになった。
25歳もアイドルを見て、笑顔で過ごす1年にしたい。


例えば 2度と会えなくても

私のGW。
3日は滝沢歌舞伎を見に行き、4日は大学時代のジャニヲタ仲間と20周年のコンサートを観た。

歌舞伎では20周年のコンサート以来の生のV6のメンバーを見ることができ、本当に嬉しかった。
もちろんお芝居の内容も楽しかったし、健くんがかっこよくて大変満足した。



そしてコンサートは発売されてからかなり経つが、初めて全編を通して観た。
本編までしか見ていなかったのは、きっと、あの場にいられなかったのが悔しかったからだと思う。
あの空間に入りたい人はたくさんいたことは分かっていたけど、お祝いしたくて仕方なかった。なのに。
そんな真っ黒い気持ちで前に進めなかったが、友達が観たいと言うので一緒に見ることにした。

♩〜此処から〜の前の挨拶から、号泣だった。(買ってすぐ観た時は泣かなかったけど)
それからずっと泣きながら観た。

恥ずかしながら、♩HELLOを初めて聴いた。
過去を現す曲であることは知っていたが、ハモりなしにシンプルに歌声が重なるのが心地よかったし、何よりもメンバーが幸せそうに歌う表情といったら。
でも涙を誘ったのは、これだけじゃない。

おかだくんのソロパートが心にぐっさりきた。
今日雨が止まなくても
例えば2度と会えなくても

ジャニヲタになって、今年で12年。
私自身、今年で25歳になるので、人生の半分がヲタクライフとなる。
たくさんの人を好きになったけど、私の中でV6は特別な存在。
そして、おかだくんがきっかけでV6のことを好きになれたので、おかだくんには感謝の気持ちでいっぱいである。

そんなおかだくんが「2度と会えなくても」と歌っていた。
おかだくん、V6に2度と会えないなんて、そんな人生はいや。
永遠なんてないと思うけど、V6がいる限り、私はずっと応援したい。

そう思った、2016年のGW。

ジャニヲタ卒業式

3月といえば卒業式。

卒業したいもの…

そんなものジャニーズに決まってる!!!


いろいろあってジャニーズから離れられると思いましたが、「世界一難しい恋」のCMでのんちゃんの姿を見て、のんちゃんんん…!(胸熱)ってなったあたり、まだまだ卒業できないと感じます。


もしも「ジャニヲタ卒業式」があったら - それは恋とか愛とかの類ではなくて

ジャニヲタ卒業コンサートのセトリを妄想してみた。 - 月曜9時のparty people

いつかジャニーズを卒業したら私も卒業式をやってほしいです。

こんなに面白くは書けないと思いますが、少し参考にさせていただいて私なりの卒業式を書こうと思います。


卒業生入場 ♩orange(V6)

V担としてメモリアルと言えば、あの時計カチカチのイントロでしょう。

広い空の片隅で、生まれ変わる私を見てほしい。


斉唱♩サクラ咲ケ(嵐)

国歌斉唱・校歌斉唱が冒頭にあるので、ジャニヲタみんなが歌える曲で卒業ソングって何かと考えたらこの曲が思い浮かびました。

本屋でドル誌を立ち読みしていた昨日までの自分にバイバイ!


ヲタク報告

学事報告ならぬ、ヲタク報告。

いつ誰にハマったか、どの現場に行ったかなどの、今までのヲタク活動の報告をお伝えします。


卒業証書授与 BGM♩ありがとうのうた(V6)

卒業証書はチケットにしてほしい。

ツアータイトル「ジャニヲタ卒業式〜ユーがジャニヲタをやめるとき〜」

「ユーは本日をもって、ジャニヲタを卒業することを証する。」きちんと印字してください。


祝辞

ヲタクを卒業する私に向けて、ジャニタレからお祝いのメッセージがほしい。

SMAPは木村くんが代表で「Congratulations on your graduation! Good luck!」とメッセージを書いてくれて、連名で終わりそう。

V6は1人ずつコメントくれそうだな。じゅんちゃんは「応援ありがとうございました。これからのあなたの人生が有意義になりますように」って書いてくれそう(T . T)はぁ〜〜〜!!!愛してたよ、じゅんちゃん…


記念品贈呈

グッズ処分のためのダンボールがほしい。

でもそれだと味気ないので、ヒールの靴がほしいです。コンサートはヒールの靴だと疲れてしまうので持っていません。素敵な靴を履いて、素敵な場所に行きたい。


送辞

長年一緒ヲタクをやっていた友達に頼みたいです。

「送辞。クリエの当落が終わり、春の訪れを感じます。ご卒業おめでとうございます。3年前、初めて遠征したコンサートで岡田くんがラキガちゃんをお姫様抱っこしたのを見て、ガチで大泣きしていたあなたが、卒業のこの日を迎えるなんて思ってもみませんでした。あなたと過ごしたヲタクの日々はとっても楽しかったです。あなたのアイドルへの想いは、きちんと引き継ぎます。たまにはアイドルのことを思い出してくださいね。辛かったらまた戻ってきてもいいからね!泣」 


答辞

私からのお別れの言葉です。

「答辞。桜が咲き始め、お別れを感じるこの時期。ジャニーズとのお別れは無縁だと思っていた私も、とうとうこの日がきてしまいました。私のために、本日はお越しいただきありがとうございます。ヲタクとしての1番の思い出は、V6のデビュー20周年の記者会見。あの代々木の広場に座って、大好きな人の幸せそうな顔を見れた時、ヲタクとして最高な瞬間でした。でも、みなさんと過ごした時間も楽しいものばかりでした。こんなDDのヲタクと付き合っていただきありがとうございました。私はこの度、大人になるためにジャニヲタを卒業します。これからは素敵な、1人の女性として生きていきます。昨今のジャニーズ事務所のやり方は、ヲタクにとっては辛いものばかりだと思います。それでもみなさんが楽しくヲタクができるよう、お祈りしてお別れの言葉とさせていただきます。」


別れの歌♩Timeless

ヲタクでなくなっても、自担には終わらない夢を描いてほしいですし、メンバーと強い絆で結ばれていてください。

また、ヲタクではない私とも、これからも肩を並べて歩いてほしいと思います。


卒業生、退場

式場から退場する時は、卒業証書のチケットをもぎってほしいです。

今日から私の現場は一般社会だ!



いかがでしたか?

こんなにつらつらと書きましたが、私はヲタクをやめません。

やめたいけど、やめられません。

私からジャニーズを取ったら、友達、趣味、生きがい…全てがなくなると思うと、卒業できませんでした。

でも、それでもいいかな。

#ジャニヲタの財布事情と中身

面白そうなのでやってみます(^O^)

f:id:ba7princess:20160319195216j:image
2年前、サイパン旅行でガラパン・ストリート・マーケットに行きました。
そこの出店で、日本円にすると1000円ほどで買いました。
当時ジャニーズWESTが日生でデビュー公演真っ最中だったということもあり、私の気持ちは海を越えても神山くんでいっぱい。
お財布を見た瞬間「キャ〜〜〜かわいい〜〜〜♡なによりも神山くんっぽい〜〜〜♡」と思って即買いでした(確か小学生ぐらいの女の子が店番にいて「はうめにー?」と聞いて、奥から女の子のマミーが出てきて買ったと思います。はぁ〜またサイパン行きたい)

中身はお金(だいたい5000円は入ってます)、免許証、保険証、クレジットカード2枚(キャッシュカードを備えてるもの、お買い物用)、近所のショッピングモールのポイントカード2枚、Tポイントカード、ポンタカード、カラオケのメンバーズカード3枚(バンバン、カラ鉄パセラ)、サンリオポイントカード、薬局のポイントカード、図書カードです。
カラオケのメンバーズカードが多いのは、ジャニヲタだからですかね。鑑賞会をしたり、休みの日はだいたいヒトカラに行ったりしています。
図書カードは、ディスカウントショップで安く買って、本屋さんで使います。
ドル誌を買っていた時代に、少しでも経費削減をしようと思って始めました。
ドル誌を卒業した今でも続けてます。

レシートはなるべく溜めないようにしています。
毎日お財布チェックができたら良いのですが、週末にノートにいくら使ったかを記入してからレシートを捨てます。
ポイントカードは本当によく使うところだけにしています。あんまりあると分散してしまいそうなので…作ったところだけで買い物をしようと心掛けています。

そして、このお財布は小銭入れがないのです。

f:id:ba7princess:20160319213928j:image
小銭入れはこちら。
24歳ですが、バイキンマンです。
1年半前、たまたま立ち寄った本屋さんでやなせたかし展がやっていて、そこで一目惚れをして買いました。
(アンパンマンと迷ったのですが、バイキンマンは耳(?)がついて同じ価格だったのでお得だと思ってこっちにしました)
お店で買い物をすると、3,4ヶ月に一回は「かわいい!」と声を掛けられます。
お札と小銭を分けると、小銭からお金を出す癖がつきました。
小銭ジャラジャラ財布じゃなくて最高…!


以上です。
周りのお友達が良いお財布を持っているので、私も素敵な一点物がほしい…
夏のボーナスでは奮発して、買う予定です。
現場よりも、持ち物にお金を使いたくなってきた…大人になったな〜。

忘れかけてた魔法とは

明日へのコンサートで、SMAPが久しぶりに5人揃って生放送番組に出ました。

やっぱり日本にSMAPは必要じゃん!!!!!
そうだよね!!!!!
5人がテレビで歌って、踊っている姿を見るだけで、何人もの人が笑顔になったよね?????
ねえ、そうでしょう?

泣きながらそう思いました。
スマスマは見ていたけど、あの収録にヲタクがいないと思うと、やっぱり前には戻れない…一生このままなのかな…って思ってしまう自分がいて。
そう思うと、全力で楽しめなかったんですよね。
メンバーが仲良しな場面があっても、でもなんだか違うって思ってしまって。
あぁこのままSMAPは私の中でフェードアウトしてしまうんだろうなってモヤモヤと感じてました。
それなのに…

やっぱり生放送で見たあの5人の姿を見たら、あのような感情を抱きました。
日本に〜なんて書きましたけど、私にとってもSMAPは必要です。
SMAPの国民的スーパースターなのに、いつでも寄り添ってくれる、そんな温かさが大好きです。

いつかまた、SMAPに会いたいです。
私よりも愛情を注いでいる人がもちろん先になると思いますが、私もSMAPに会いたいです。
5人が歌って、踊ってる姿をまた見たいです。
それまでに私自身が、がんばることはたくさんあると思います。
SMAPに会えると信じて、がんばります。



そして、タイトルのわたしのことですが、自分自身が楽しめるようなジャニヲタライフを送ろうと思います。

以前も緩いヲタクになりたいと記事を書きました。

またTwitterをやめてみようと心がけました。

今回は自分自身が楽しめるようなジャニヲタライフと書きましたが、SNS(Twitter)疲れ及び自分に嫌気が差しました。

2週間ほど前に携帯を機種変更したことを機に、Twitterのリアアカを消しました。
多少なりとも、気になります。あ〜あの人何してるのかな、とか。
でもリアアカを見て、人と比べる癖に嫌気が差しました。
仕事が楽しい、彼とデートしたなどのツイートは本当に羨ましくて。
かと思えば、仕事が辛い、彼氏がほしいなどには鼻で笑う。
ホントいやになります。
消した後は自分自身のことを見つめられたような気がして、良かったと思います。

ヲタ垢ですが、まず昨年のV6のデビュー日に、ジャニスト・Jrアカウントは消しました。
スマVアカウントは残しましたが、そこでも若いジャニタレのことはツイートしてたのであまり意味がないような気がしますが、一つ消すと固執しなくなりました。
スマVアカウントは割と緩やかな考えのフォロワーさんが多いので、私も緩やかにツイートしていました。
でも、そのアカウントも消してきました。 
フォロワーさんが嫌になったわけではありません。

唐突ですが、昨日祖母が倒れました。
今日は仕事を休んで、祖母の病院に行きました。
主治医の先生が来るまでの間にメールが届きました。

野球大会の案内メール。

「行きたい」すぐにそう思いました。
でも、ゾッとしました。
大好きな祖母が倒れたのに、こんな状況になってもそう思っている自分にゾッとしました。

それだけではありません。
こないだ就活中の彼がどんな業界を目指してるか聞いていた時です。
彼が都市計画に興味があるとの話から、アド街を録画してないことに気づきました。
気付くだけならまだしも、あろうことか彼が真剣に話しているのに「あっ!アド街録り忘れた>_<無理>_<辛い>_<」と言ってしまったのです。
最低ですよね。
彼は「あぁ〜。井ノ原さんが出てるやつか。いつも録ってるんですか?」なんて返してくれましたけど。
逆の立場なら嫌だと思いますし、彼だっていい気分ではなかったはずです。

ホントにジャニーズの振り回されているというか、ジャニーズ中心の生活になってしまったんだなと気づきました。

あと私自身、なりたい保育士像が見えてきて。
そのために日々勉強が必要だと思って、今は家に帰ってからもいろいろ考え事をしています。
こないだほんの少しだけ身を結んだので
、やはり日々勉強することの大切さを実感しました。

あとはこないだ、ジャニヲタ女子で「普通の20代女子がやること」をしてみようと思いまして。
カラオケで鑑賞会をやってるのが1番楽しいと思ってたんですけど、流行りのお店に並んで、美味しいご飯を食べてたら…すっごく楽しかったんですよね。
流行りだからではなくて、美味しいものを食べる…ジャニーズ以外のことがこんなに楽しかったのかと思いました。
女の子に生まれたなら、オシャレをして、美味しいものを食べて。そこで友達と仕事や恋愛の話をして。そんなことが楽しいんだろうなと思いました。

ジャニヲタをやめるのではありません。
現場にも行きます。
でも、趣味の一つとして、自分へのご褒美の一つとして、楽しめたらないいのかと思いました。

でもこうやって発信することは好きなので、ブログはのんびりくらり続けようと思います。
まぁ今までだって、そんなに続いてたわけではありませんが。

こうやって決意表明する人に限って続かないんだろうなって思いながらも、やってみようと思います。

無駄なことを、一緒にしようよ。
忘れかけてた魔法とは、つまりJOY!JOY!

ジャニーズWESTがVの現場に行ったら

タイトルが長いですね。

こんにちは。
先日はバレンタインでした。
ジャニヲタなら自担とのバレンタインを妄想しますが、個人的にバレンタインの滅亡を願ってますし、ジャニストもラジオで友チョコとか非難してたので、しません。

V6とジャニーズWESTが好きな私。
互いに互いのことが話題に出ると、心が踊ります。
今日はそこで、Vコンや舞台にも見に来てくれているジャニストをジャニヲタとして、Vの現場に現れた妄想します。
フォエバコンのDVDも出たし、フォエバコン@城ホの設定にでもしときますか!

◎淳子(28)の場合
・担当は村上くんだけど、光一くん、松兄、そして岡田も好きである。
・職業は外資系企業の秘書。
・職場では語学堪能でしっかり者で上司からも認められている。THE高嶺の花。ジャニヲタは完璧に隠しているが、有給が取れやすいのでけっこう休み、遠征をする。お土産もきちんと買ってくるので、その度に「彼氏と旅行かな…」と思われるが違う。
・Vの現場には、森田担の濱子と行く。
・綺麗めの服装でバッチリ決めてくる。
・基本岡田だけを見てる。近くに来ても、そっと手を振っているだけ。
・濱子の影響もあり、ごず大好き。森田と岡田が絡むと「う〜〜〜んかわいい♡」と心の中で激しく思い、終わった後に濱子と城ホの噴水の前辺りで思い出し発狂する。
・団扇の文字は「准」(丸めのゴシックで黄色に、白の縁取り)
・どんな岡田を見ても、最後には「ほんま准くんってかっこいいわ〜」が口癖。

◎濱子(27)の場合
・担当は丸山くんと森田。
・職業はJAの事務。好きなタレントを聞かれると正直に答えているため、たまに上司から「濱子さんってジャニーズ好きなんだよね。うちの娘はキスマイが好きで…」と話しかけられ、キスマイは管轄外と思いながらも「良いですよね」と相槌を打っている。夏場はツアータオルを使用。
・一歳年上の淳子とは、Vとエイトとの掛け持ちとしてTwitterで出会い、仲良くなった。
・コンサートはスキニーといった、かっこいいスタイルで来る。OMGコンでは、衣装と合わせて黒と白のストライプのスキニーを履いてきた。
・井ノ原に絡まれる森田を見ると「私の知っている森田」と心の中で優越感(?)に浸っている。
・森田が近くに来ると「ごうくーーーん」と必死で叫ぶ。それに気付いてくれたことがあり、笑って手を振ってもらった。その後はずっと泣いていて、淳子に「良かったな〜ホンマ」と頭をポンポンされ涙が止まらなかった。森田が手を振ってくれたから、その日は森田記念日。
・団扇の文字は淳子と揃えて「剛」
・「ねぇねぇ?なんで丸ちゃんと剛くんなんやろ…?共通点あるかな?」とよく淳子に聞いている。

◎桐子(26)の場合
・長瀬、横山、安田、タッキーが好き。
・職業は保育士。職場では普通にジャニヲタであることをカミングアウト。幼少期からダンスをやってたので、子どもとよく踊ってる。キレッキレ。知らない体操はない。ちなみに専門学生時代から付き合っている彼氏とは、そろそろ結婚を考えてる。
・Vの現場には、浜中文子に誘われて行った。ダンスをやっていたので、Vのダンスを見ることが大好き。
・「うわ!今のめっちゃやばない?!なぁ!めっちゃやばない?!えっ?今のって噂のSUPERNOVEな?!!!エッロイわ〜〜〜ホンマV6エッロイわ〜〜〜」
・帰りは「誘ってくれてホンマありがとう。坂本さんの声がやばいわ〜〜〜」と感想を言っていた。

◎重美(23)の場合
・担当は丸山くんだが、図書館戦争を見て岡田の肉体にやれらる。20周年のコンサートに行きたいこともあり、FCに入会した。
・職場は大学生。1年の浪人の末、志望していた心理学部に入学した。「なんや、その〜人の気持ちが分かったら、オモロイやんか」って思っていたが、研究結果を数値としてまとめる際に数学的な計算を使用するため、かなり苦しんでいる。「数学やりたない…泣」が口癖。
・Vの現場には、幼馴染の智子と行った。智子に枚方パーカーで入ろうと誘ったが、あっさりと断られた。当日は黄色の衣装で攻めたものの、V担の自担カラーを主張しない雰囲気に慄いていた。
・文字団扇は作らず、岡田はもちろん買ったが、ペンライトを持ってひたすら踊っていた。「ホンマあっついわ!!!V6!!!」と言いながら汗ビショビショで踊るので、智子がたまにツアータオルで汗を拭いてくれていた。
・帰りは智子の家に泊まり、「V6良かったな〜。エイトもああなるかな…」と夜通しに渡り、エイトの未来を語った。

◎智子(22)の場合
・担当は亮ちゃんだが、ジャニーズに目覚めたきっかけは、おにぃと一緒に見ていたウルトラマンティガで長野を見て。そこからV6を知り、ダンスを始めた。現在も、趣味としてダンスをやっている。
・職業は美容師。派手な見た目とは裏腹に、優しい話し方で客受けは良い。現在は見習い中。
・今回は幼馴染の重美に誘われて入ることになった。Vの現場は以前にも何度か行ったことがあり、その度にバク転する姿に心をときめかせていた。20周年は入れないと思っていたので、とても喜んだ。
・奇抜な格好で会場に来たため、V担に馴染んでいなかった。
・コンサート中は「やっぱりV6っていいな…かっこいいな…」「エイトも好きだけど、パフォーマンスがすごすぎる」としみじみと感じていたが、TAKE ME HIGHERで「重美(泣)私の原点やぁ(泣)」と泣き始めていた。
・後日、TSUTAYAでティガのDVDを借りて見入っていた。

◎流星くん(22)の場合
・巷で噂のジャニヲタ男子。あまりのイケメンぶりに「えっ?Jr.…?」とV担が心の中で思ったが、なにせJr.といえば野澤くんと向井くんぐらいの知識しかないので真相は闇の中であったが、実際は普通の大学生。(経済学部)
・担当は大倉くん。家族がジャニーズが好きだったので、抵抗はなかった。妹がエイターになったことをきっかけに、ジャニーズの沼にハマる。
・大学の後輩のジーコがチケットを持っていたが、志望していたインターンに受かったため行けなくなり、譲ってもらった。せっかくなので、彼女ののぞみと行くことにした。
・点呼の「男だけ!」の時に思ってたよりも大きな声が出て、周りのV担から拍手をもらう。のぞみに笑いかけた顔がかっこよくて、周りが思わず流星担になりかけそうになった。
・外周を歩いてきた際に、井ノ原・岡田からファンサをもらう。「おかだくんもホンマにかっこええけ。イノッチって顔が優しいだけやと思ってたけど、ホンマに優しいんだな」と公演中に話しかけて、のぞみに「うっさいねん」と怒られていた。
・終演後、感動のあまり「ずっとV6で居てください」とリボンメッセージを書くも、携帯で時間を調べたらBOXに入れ忘れてしまった。
・楽しそうに感想を言うのぞみを見て、噴水の前で「俺らも、20年ずっといれたらええな」とさらっとかっこいいことを言っていた。

◎のぞみ(19)の場合
・担当は山田くん。
・ピチピチの大学1年生。山田くんが大好きすぎて、恋愛に興味はなかった。出会いが欲しい友達の付き合いでインカレに入り、そこで流星くんと出会い、まさかのジャニヲタトークで盛り上がり、恋に落ちる。
・彼氏の流星くんに誘われて、V6のコンサートへ。ジャニヲタ彼氏との日々を綴っている、フォロワー500人越えのツイッターに「明日は彼氏ととある現場へ…♡」と投稿し、騒然となる。翌日に「彼氏がチケットを譲ってもらったご縁でV兄さんのコンサートに来ました!24時間テレビではジャンプがお世話になったし、楽しみ♡」と2人でそれぞれペンライトを持った手元の写真付きで投稿した。
・コンサート中はハニビやセクバニなどの、少クラおなじみソングを筆頭に盛り上がる。
・V兄さんの絆に泣く。「ジャンプもああなったらええな〜泣」
・終演後、流星くんの言葉にまた泣く。
・でも噴水に着く前に「ずっと一緒にいてね♡のぞみ」とV6宛に書いたと見せかけたリボンを、こっそり流星くんのポケットに入れたことは秘密。(そして流星くんは気づかない。)


ただの自己満でーす。
担当は、尊敬している先輩を参考にして決めました。
のぞみーるのリボンネタは、本当はやってはいけないとは思うけど、ああいうラブセンストーリーがあったらいいなと思いまして…。
ちなみに、流星くんのリボンネタはノンフィクションです。(横アリで入れられなかったので、代々木で入れ直しました)

私の妄想をただ書いただけなので、変なところは目を瞑ってくださいね…。

ジャニストちゃんが、ジャニヲタだったら…また書いてみたい!

アイドルの恋愛、ヲタクの恋愛

アイドルが主役のドラマ「武道館」が始まったので、見てみました。

内容はご存知だとは思いますが、アイドルグループが武道館公演を目指す物語で、その中で「アイドルの恋愛」の扱われるそうです。
予告編で、水着姿を見られたくないと言っていたシーンが印象的でした。




アイドルの恋愛

先日、読売新聞の夕刊にアイドルの恋愛に関する記事が載っていました。
内容はとあるアイドルが男性と交際してることが発覚し、グループを脱退または事務所を退所した場合、チケットやグッズ代の損害賠償を請求した裁判に関するものでした。

2例載っていて、1つは恋愛は人権的に自由なので請求が認められないものと、契約違反として請求が認められるものでした。(すみません、記憶が曖昧なので間違っているかもしれません)
また事務所のルールとしてスターダストは、一定期間は恋愛を禁止していると紹介していました。
理由は「スターになるためには、お金も欲しい、彼も欲しいではなれない」からだったと思います。

二兎を追う者は一兎をも得ず
といったところでしょうか。



そこで、私のお花畑脳内の中は「ヲタクも、アイドルも彼氏もどっちものなんてダメなのでは」という気持でいっぱいになりました。
本当におめでたいやつです。
アイドルとたかがジャニヲタを、一緒にしてはいけません。



先日、彼と秋葉原に出かけたので、タワレコ@秋葉原店に寄らせてもらいました。
それまでの私は「彼が私の言うことを聞いてくれる」ことに甘えていたのです。
それでもお店を出る時にはきちんと「付き合ってくれてありがとう」とお礼は言いました。
すると彼は「いいんですよ。1人だったら、こういうところも来れないし、こういうところがあることも知らなかったので」と言ったのです。

驚きました。
本心か気を遣って言ったのかは、わかりません。
どちらにしても、私の思考にはない言葉であり、感情でした。


彼のことは以前にも書きましたが、書いた当時はジャニヲタに理解のある人だと思ってました。
でも今は違います。
私の好きなものだから、大切にしているものだから、傷つけないように、私が嫌な思いをしないようにしてくれていたのだと思います。


私には、もう分かりません。
ジャニーズのタレントのことが好きでコンサートや舞台を見たいと思って申し込むのに、心のどこかで落選したら浮いたチケ代で彼とどっかに行こうと思ったり。
私自身の誕生日付近に公演があると、彼と過ごしたいと思って外したり。
コンサートや舞台のために「かわいい自分になりたい」から服を買ったり美容院に行ったりしてたのが、「彼にかわいいと思われたい」となったり。
ジャニーズでいっぱいだったのが、彼のことでいっぱいになったり。


アイドルと彼。
私には、どっちもなんて無理なのかな。
最近、こんなことを思う日々です。