読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想像すらも越えた世界

星の数だけ愛の言葉囁いて、アイラブユー

好きよ 夢で伝えさせて

私がSMAPを好きになったのは、10年前の2006年、SMAP×古畑任三郎の再放送がきっかけでした。

私は元々古畑任三郎の作品のファンだったので、再放送を見ることにしました。

物語が進むにつれ、作品中のSMAPの強い絆に惹かれていく自分がいました。

物語の最後にSMAPは逮捕され、古畑任三郎は客席が暗転してSMAPが出てくるファンの姿を見てこう言うのです。

 

彼らは悪い人たちじゃないよ。

そうでなかったら、こんなにたくさんの人の心を掴むことはできません。

 

その台詞を聞いて、多くの人を愛するSMAPのファンになりたいと思いました。

 

ファンになったものの、それからは茶の間でした。

 

FCに入会したのは、2013年の大学4年生の時。

たまたま立ち寄った郵便局で、♩シャレオツが流れていて「あぁぁぁ!!!就職するからFC入っちゃおう!」と思い、入会しました。

 

そして、2014年に初めてコンサートに行きました。

初めて生で見る5人のステージは本当に素敵でした。

 

 

 

 

今日のSMAPの報道を受けて、私はSMAPに会うために大人になったんだなと思いました。

好きになった時は中学3年生。

それからいつか会える日をずっと願っていました。

SMAPの姿を初めて見れたのは何年も経ってしまったけど、あの時の嬉しさは今でも忘れません。

私自身DDですが、SMAPに会いたい…その思いを胸に抱いて大人になっていけたことは、本当に幸せでした。

 

 

でも、私はまだ大人になりきれていません。

現在25歳、社会人3年目。

普通に考えたら大人だと思いますが、社会的にまだ未熟だと思っています。

これからもSMAPの応援をしながら、素敵な大人になりたかった。

SMAPに「がんばりましょう」と励ましてもらいながら、大人になりたかった。

もっともっと仕事をがんばって、一皮を剥けた私でSMAPに会いたかった。

結婚して、子どもを産んで、また違った私でSMAPに会いたかった。

 

信じるってことが分からなくなりました。

でも、SMAPのファンとして、これからも心の鏡をピカピカにして生きていこうと思います。

 

でも、アイドルの応援はしばらくしたくないのが本音です。

あんなに楽しくて、これ以上楽しいことなんてないと信じて応援してきたけど、当分はアイドルのことは考えたくありません。

またいつか、笑顔で応援できる日がくるのかな…